あひみてののちのこころにくらふれは / 権中納言敦忠

2字決まり

百人一首

【原 文】逢ひ見てののちの心にくらぶればあひみてののちのこころにくらふれは  昔はものを思はざりけりむかしはものをおもはさりけり

【上の句】逢ひ見てののちの心にくらぶれば(あひみてののちのこころにくらふれは)

【下の句】昔はものを思はざりけり(むかしはものをおもはさりけり)

【決まり字】2字決まり「あひ」

超現代語訳

恋人になってからさらに愛しいと思う気持ちを考えると、付き合う前の気持ちはなんて全然

歌のポイント

  • 38番目の歌人・右近を見捨てた男が詠んだ歌
  • 愛しい人と恋人になれて、ハッピーなのに恋しさが溢れ出している気持ちを詠んだ情熱的な歌
  • 「あい む」と覚える

歌の情景

この歌は、想いを寄せる女性と恋人になりたい!とそれだけを願っていたけれど、その願いが叶った今は彼女への想いは募るばかりで、前の気持ちなんて何もなかったも同然だったと詠みあげています。
この歌は、当時の恋人、26番の歌人・貞信公(ていしんこう)の娘・藤原貴子(ふじわらのたかこ)への想いを詠んだ歌とされています。

語意

【あひみて】恋人同士になってから
【後の心】それから後の心・想い
【くらぶれば】比べてみれば
【昔】「あひみて」以前のこと
【ものを思はざりけり】恋に悩んでいなかったなあ。「けり」は過去、詠嘆の助動詞の終止形

歌の分類

【歌集】拾遺和歌集
【歌仙】三十六歌仙
【テーマ】恋の歌
【50音】あ音

歌を詠んだ人物

【作者】権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)
【性別】男性歌人
【職業】上級官人(現代職業:エリート官僚)
【生年】906年(延喜6年)
【享年】943年4月18日(天慶6年3月7日)

権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ)は、藤原敦忠(ふじわらのあつただ)の事で、平安時代前期から中期のエリート官僚です。父は、左大臣・藤原時平(ふじわらのときひら)で、母は17番目の歌人・在原業平(ありわらのなりひら)の孫娘です。

38番目の歌人・右近(うこん)との恋も有名で、恋多きイケメンとして語られています。地方の役人など様々な役職を経て参議まで出世しましたが、菅原道真の祟りによって37歳の若さでこの世を去りました。三十六歌仙の一人で、勅撰集には30首収められています。