わすれしのゆくすゑまてはかたけれは / 儀同三司母

3字決まり

百人一首

【原 文】忘れじのゆく末まではかたければわすれしのゆくすゑまてはかたけれは  今日を限りの命ともがなけふをかきりのいのちともかな

【上の句】忘れじのゆく末まではかたければ(わすれしのゆくすゑまてはかたけれは)

【下の句】今日を限りの命ともがな(けふをかきりのいのちともかな)

【決まり字】3字決まり「わすれ」

超現代語訳

「ワタシの事を忘れない」って、誓ってくれたアナタの気持ちは、いつまで続くかわからないから、幸せの気持ちのまま、今日で人生ラストの日にしておきたいわ!

歌のポイント

  • 幸せの絶頂で詠んでいるのに、なんとも切なさを感じる歌
  • 100人の中で、二人いる「母」の二人目
  • 「母」を名乗っているが、名前は貴子(たかこ)ちゃん
  • 新婚なのに、すでに夫の愛を疑っている歌

歌の情景

この歌は、結婚間もない頃、夫である藤原道隆(ふじわらのみちたか)に、「ずっと愛してる」と、言われ誰よりも幸せなのに、この幸せがいつまで続くかわからないから、今の幸せの気持ちのままに、今日で人生を終わりにしたいと詠んだ歌です。

語意

【忘れじの】忘れないと誓った約束が
【ゆく末までは】将来 この先ずっと
【難ければ】難しくてできそうにない
【今日をかぎりの】今日を最後にして
【命ともがな】命であってほしい 「もがな」は願望の終助詞

歌の分類

【歌集】新古今和歌集
【歌仙】-
【テーマ】恋の歌
【50音】わ音

歌を詠んだ人物

【作者】儀同三司母(ぎどうさんしのはは)
【性別】女性歌人
【職業】女房(現代職業:キャリアウーマン)
【生年】不明
【享年】995年6月2日(長徳元年5月2日)

儀同三司母(ぎどうさんしのはは)は、高階貴子(たかしなのたかこ)で、平安時代中期の人物です。父は、高階成忠(たかしなのなりただ)で、夫は藤原道隆(ふじわらのみちたか)で、「儀同三司」は、子・伊周(これちか)の役職名です。

当時、女性にしては珍しい漢詩文に優れた人物で、そのことからも非常に負けず嫌いな人物だったとされています。この「忘れじの」は、道隆と結婚した当初に詠まれた歌で可愛らしくも、すでに夫の愛を疑っているようにも思えます。

夫の死後は出家し、その後勢力争いに敗れた伊周がリストラされ、悲しみの中この世を去りました。