おほけなくうきよのたみにおほふかな / 前大僧正慈円

3字決まり

百人一首

【原 文】おほけなく憂き世の民におほふかなおほけなくうきよのたみにおほふかな  わが立つ杣にすみ染の袖わかたつそまにすみそめのそて

【上の句】おほけなく憂き世の民におほふかな(おほけなくうきよのたみにおほふかな)

【下の句】わが立つ杣にすみ染の袖(わかたつそまにすみそめのそて)

【決まり字】3字決まり「おほけ」

超現代語訳

ねぇみんな~!こんなボクだけど、任せて!あらゆるお悩みから救ってあげちゃうよ。

歌のポイント

  • なんとも頼もしい存在で、友だちになりたい人物
  • 「おほ わがた」と覚える
  • 天変地異と争いの続く時代に、世の人々を救いたい!と願った偉大な人物の歌

歌の情景

この歌は、天変地異や病気、そして源平の戦いなど不穏な空気が漂う時代に、比叡山のお坊さんとなった慈円が、最澄の意志を継ぎ「世の人々救おう!」と決意してくれた頼もしく希望がもてる歌です。「おほけなく」と自分を謙遜している姿にもとっても好感が持てます。

語意

【おほけなく】恐れ多いけど。身のほどにふさわしくないけど。謙遜の意味を表す。
【憂き世の民】この辛い世の中に生きている人。
【おほふかな】墨染の袖を憂き世の民にかぶせる。仏教によって世の人々を救う。
【わが立つ杣】比叡山延暦寺。「杣(そま)」は木を伐採する山をいうが、ここでは最澄の歌によって比叡山延暦寺となる。
【墨染の袖】墨で染めたような真っ黒お坊さんが着る着物。「墨染」と「住み初め」の掛詞。

歌の分類

【歌集】千載和歌集
【歌仙】-
【テーマ】雑の歌
【50音】お音

歌を詠んだ人物

【作者】前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)
【性別】男性歌人
【職業】僧侶(現代職業:お坊さん)
【生年】1155年5月17日(久寿2年4月15日)
【享年】1225年10月28日(嘉禄元年9月25日)

前大僧正慈円(さきのだいそうじょうじえん)は、平安時代末期から鎌倉時代初期を生きた天台宗のお坊さんです。76番の歌人で関白・藤原忠通(ふじわらのただみち)の6男として生まれ、13歳で出家しました。また91番の歌人・藤原良経(ふじわらのよしつね)の叔父にあたります。

比叡山に入り、お坊さんのトップである大僧正(だいそうじょう)となり、4回も比叡山延暦寺のトップリーダーを務めました。86番の歌人・西行に和歌を教えてもらい、和歌の世界へデビューしました。

勅撰集に255首収められています。